担当地域:大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県・徳島県

和解成立件数2019年4月10日現在

提訴/和解数の差について

全国
  • 提訴数:28719
  • 和解数:22857
大阪
  • 提訴数:5079
  • 和解数:4292

お気軽にご相談ください(10:00〜22:00 土日祝も受付)

06-6647-0300

インターネットからのお問い合わせはこちら

これまでの歩み

裁判報告

第1回口頭弁論

原告番号1から5の5名についての訴状、原告番号6から9についての訴状、そして、これらに対する国の答弁書が正式に提出されました。

国の答弁書では、父子感染の可能性があること、ジェノタイプAのB型肝炎ウイルスは成人になって感染しても慢性化するので、原告らの肝炎が集団予防接種が感染ルートとは言い切れないとの反論がなされていました。
法廷では、原告番号1番さんの陳述がなされ、B型肝炎に感染していることが人生のいろいろな場面で困難をもたらしているという被害実態と、国による救済を一日も早くお願いしたいとの気持ちが明らかにされました。

弁護団からは、B型肝炎ウィルスの性質や、キャリアから慢性肝炎、肝硬変、肝ガンへと進行していくシステム、集団予防接種の実態、国はどうすれば予防接種を通じての感染を防げたか、といったことを映像画面なども交えてわかりやすく説明しました。

このページの上部へ