担当地域:大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県・徳島県

和解成立件数2022年5月9日現在

提訴/和解数の差について

全国
  • 提訴数:34327
  • 和解数:30148
大阪
  • 提訴数:5686
  • 和解数:5241

どなたでもお気軽にご相談ください(10:00〜22:00 土日祝も受付)

0120-124-681 06-6647-0300

お問い合わせはこちら
  • 相談無料
  • 面談相談予約も可能

B型肝炎患者・患者の家族の声

親は、子の健康を願って予防接種を受けさせ、それが原因で子どもがB型肝炎ウイルスに感染してしまいました。そして、その子どもが大人になって子を生んだときに、母子感染でさらに被害が拡大したのです。
こうした危険性があることを国は認識していながら、集団予防接種での注射針や注射筒の使い回しを黙認し、被害拡大を放置し続けてきました。集団予防接種を受けた人は誰もがB型肝炎ウイルスに感染した可能性がありました。
国との間では基本合意が成立し、国(総理大臣)は謝罪をしましたが、失われた患者の生命・健康が戻ることはありません。患者・家族は、あなたと同じ時代、同じ地域でともに過ごした人であり、もしかするとあなた自身が、患者・家族と同じ苦悩を背負っていたかもしれないのです。
患者・家族の声を聞いてください。

  1. 手記集「いのちの叫び」
  2. 朗読劇(B型肝炎患者の母と娘の往復書簡)
  3. B型肝炎患者のオーラルヒストリー
    (落語家 桂福丸さんとの対談)

B型肝炎情報

このページの上部へ