担当地域:大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県・徳島県

和解成立件数2017年7月5日現在
全国
  • 提訴数:24655
  • 和解数:17991
大阪
  • 提訴数:4579
  • 和解数:3596

お気軽にご相談ください(平日10:00〜17:00)

06-6647-0300

インターネットからのお問い合わせはこちら

Q&A−B型肝炎についての正しい知識を持ってください

B型肝炎は治る病気なの?

B型肝炎ウイルスに持続感染しても、慢性肝炎・肝硬変・肝がんが発症しないままの人もいます(「無症候性キャリア」と呼ばれています)。
ただ、現在の医学では、B型肝炎ウイルスの活動を抑制する薬はありますが、ウイルスを完全に排除する薬はありません。そのため、B型肝炎ウイルスに感染すると、いつ、慢性肝炎や肝がんが発症するかわからない状況で生活していかなければならないのです。

上へ

慢性肝炎になると、どんな症状がでるのですか?

身体全体のけだるさ(全身倦怠感)に引き続き、食欲不振、悪心(おしん)、嘔吐などの症状がでることがあります。これらに引き続いて、黄疸(おうだん)がでることもあります。ただし、自覚症状を感じにくい人もあるので、注意が必要です。
また、けだるさ、食欲不振など、まわりの人からはわかりにくい症状であるため、症状を感じていてもまわりから理解されないことにより、さらなる苦しみを味わう患者さんもいます。患者さんに二重の苦しみを強いないように、まわりも気をつけましょう。

上へ

B型肝炎とC型肝炎の違いは?

B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)の感染によって起こる肝臓の病気です。
C型肝炎は、C型肝炎ウイルス(HCV)の感染によって起こる肝臓の病気です。
肝炎ウイルスに感染して、肝臓の細胞が壊れていく病気(ウイルス性肝炎)であることは同じですが、そのウイルスの種類が違うのです。
B型肝炎は、C型肝炎と比べて感染力が強いといわれていますが、成人後感染ではほとんどが一過性感染で終わり持続感染とならないという特徴があります。また、B型肝炎は、C型肝炎と比べて、無症候性キャリアの状態から慢性肝炎・肝硬変を経ずに肝がんを発症する危険性があるといわれています。

上へ

空気感染はするのですか?

空気感染はしません。B型肝炎について正しく理解し、肝炎の患者・感染者を差別することのないようにしましょう。

上へ

B型肝炎ウイルスは家庭内または保育所、学校、介護施設などの集団生活の場で感染しますか?

日常生活でHBVに感染することはほとんどありません。

感染しない事例

  • 肝炎ウイルスに感染している人と握手した場合
  • 肝炎ウイルスに感染している人と抱き合った場合
  • 肝炎ウイルスに感染している人と食器を共用した場合
  • 肝炎ウイルスに感染している人と一緒に入浴した場合など

上へ

B型肝炎ウイルスの感染を避けるためには、どんなことに気をつけたらいいですか。

感染防止のため、以下のことに気をつけましょう。

  • 歯ブラシやカミソリなど血液が付く可能性のあるものは、個人専用とし、他人に貸さないよう、また借りないようにする。
  • 血液や分泌物がついたものは、むきだしにならないようにしっかりくるんで捨てるか、流水でよく洗い流す。
  • 注射器や注射針を共用しない。

※HBVの感染には、感染後一定期間の後にウイルスが生体から排除されて治癒する「一過性の感染」と、ウイルスが年余にわたって生体(主として肝臓)の中に住みついてしまう「持続感染」(HBVキャリア状態)との2つの感染様式があります。
※現在は、ワクチン接種により感染を防止することができます。

上へ

B型肝炎情報

このページの上部へ