担当地域:大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県・徳島県

和解成立件数2017年3月8日現在
全国
  • 提訴数:23477
  • 和解数:17154
大阪
  • 提訴数:4361
  • 和解数:3487

お気軽にご相談ください(平日10:00〜17:00)

06-6647-0300

インターネットからのお問い合わせはこちら

B型肝炎をご存知ですか?

どうやって調べるの?

B型肝炎ウイルスは、本人の自覚がないまま感染している可能性があるため、肝炎ウイルス検査を受けたことがない方については、必ず一度は検査を受けることをお勧めします。B型肝炎ウイルス検査は、お近くの保健所や医療機関で受けることができます。無料で受けられる場合も多く、詳細はお住まいの自治体にお問い合わせ下さい。
もし肝炎ウイルスに感染していたとしても、肝臓の状態は人によってまちまちです。まずは専門医に相談してみましょう。

あなたは肝炎ウイルス検査を受けたことがありますか?

「いいえ」「わからない」を選んだ方は、是非この機会に肝炎ウイルス検査を受けましょう!

検査を受けるには?

採血のイメージイラスト

どんな検査?

肝炎ウイルスは血液検査で判断します。採血は短時間で済み、検査結果は数週間でお知らせできます。
※感染後は、3か月ほど経過しないと陽性にならないこともあります。

どこで受けられるの?

検査を受診する機会としては、以下のようなものがあります。

  • お住まいの市町村での検診
  • お住まいの都道府県などの保健所での肝炎ウイルス検査

※実施日程や費用などは自治体によって異なりますので、各自治体にお問い合わせ下さい。

B型肝炎の治療についての豆知識

《核酸アナログ製剤治療》
ウイルスが増殖する過程を阻止することによって高いウイルス抑制効果が期待できますが、内服を開始すると長期にわたって服用が必要になるため、専門医との相談が必要です。

《インターフェロン治療》
インターフェロン治療は、免疫系や炎症の調節などに作用してウイルス性肝炎を治療する方法ですが、強い副作用(発熱や頭痛、筋肉痛、脱毛、めまい、不眠など)を伴うことが多いため、専門医との相談が必要です。

B型肝炎情報

このページの上部へ